2,12月20日 日曜日 0時15分 熨子駐在所

2.mp3 熨子駐在所の鈴木はこの時間にはまだ就寝していなかった。 自宅から持ち出して来た古ぼけたアルバムを手に取って、彼はその一ページをゆっくりとめくり目を細めていた。 五日後に控えたクリスマスには娘の洋子が東京から帰郷する。自分に紹介したい男がいるそうだ。妻はどういう男かは知っている。 一週間前、妻の清美がこの駐在所を訪れて娘がつき合っている男について話をしてくれた。 「洋子と同じ会社に勤めている、誠実そうな方よ。」 二人はつき合って三年。娘が男とつき合っている事を鈴木は全く知らなかった。 現場での仕事に燃え、担当地域の治安の安定が鈴木にとっては一番の関心事だった。道案内から始まり、警邏活動、ときには窃盗犯や痴漢の確保など、警察組織の末端に所属しながら彼はその自分に課せられた任務に誇りを持っていた。 ―自分は警察官としての仕事の事しか頭に無かった。 今まで家庭の事に無関心だったと言われても仕方が無い。家族の事は清美に任せてあるつもりだったが、娘の縁談を自分に知らせるときの妻の寂しそうな表情を見て、初めて自分の家庭に対する無責任さに気がついた。 思い起こせば洋子の事は何も知らない。大学までは地元の学校に通わせていたので、ある程度の事は把握をしていたつもりだったが、基本的に鈴木は仕事の虫。洋子の事について妻から相談されたりもしたが、正直なところ煩わしいとさえ思っていた。 洋子が東京の方へ就職してからというもの、家庭の事は清美に任せるという考えが災いしたか、自分と洋子と…

続きを読む