4,12月20日 日曜日 0時30分 県道熨子山線

4.mp3 熨子町の集落を過ぎて細い車道を猛進して行くと、路肩に一台の軽トラックがアイドリングをしたまま止まっていた。 鈴木は車をその後ろに止めた。 軽トラックの運転席に男らしき人影が確認できた。おそらくこの男が通報者なのだろう。鈴木はエンジンを切り、助手席に備え付けていた懐中電灯を手に取ってパトカーを降りた。 「こんばんは、警察です。」 白い吐息を出しながら、彼は運転席側の窓をノックした。しかし、反応がない。続けて鈴木は懐中電灯で運転席を照らした。そこには熨子町集落の住人のひとり、塩島一郎が確認できた。 畑仕事や犬の散歩、冬にはスキーに出かけたりするせいもあって、七十歳とは思えぬ若さを保っている塩島の表情には生気が無かった。彼は一点を見つめ、体を小刻みに動かしていた。 「塩島さん、大丈夫け!」 鈴木はドアノブに手をかけた。しかしそれはロックされている。 「塩島さん!鈴木です!駐在所の鈴木です!」 鈴木はさらに激しくドアを叩いた。運転席に座っている塩島がこちらの方をゆっくりと見た。 「塩島さん…ドアを開けてください。」 塩島は震える手で運転席側のロックを解除した。すぐさま鈴木はドアを開けた。車内のエアコンは全開でかかっていたのか、熱風が車外に漏れて来た。しかしそのような車内温度にも関わらず塩島の震えは止まらない。 ―ただ事ではない。 「塩島さん。さっき警察に通報したけ。」 鈴木は塩島に話かけた。 彼は小刻みに震える体全体を使って頷いた。 「塩島さんが見たっ…

続きを読む