15,12月20日 日曜日 10時35分 金沢北署

15.mp3 朝倉と別所の二人は記者会見を終えて北署の署長室に戻った。 するとそこに二人の男が応接用のソファに座っていた。二人は朝倉と別所に気づくとすぐに立ち上がり名乗った。 「初めまして。刑事局の松永です。」 始めに挨拶をしたのは中肉中背の年齢は三十代後半~四十代前半と思われる男の方だった。 朝倉ははじめてその男を見た時に不快感を覚えた。襟と袖だけ色の違うクレリックシャツを身に着けた松永の胸元は第二ボタンまで外されていた。 彼は朝倉に手を伸ばし握手を求めた。 ―これが上司に対する挨拶か。 渋々松永と握手をしたが、朝倉は眉間に皺を寄せ不快感を露にした。 「すいません。私のスタイルはお気に召さなかったですか。申し訳ございません。」 松永は朝倉の気持ちを察しそれとなく自分の行動の弁護をした。しかし朝倉はその言葉自体が嫌みにしか感じられず、無視をしてソファに座った。 松永は次いで別所と軽く手を握り自分の側近である関を二人に紹介した。関は松永とは違い、丁寧に挨拶をした。 「松永の補佐をしております関と申します。よろしくお願いします。」 「よろしく。」 朝倉は座ったまま関に対しては軽く会釈をした。 松永と関。対照的な人間が自分の前に座っている。松永の口元は若干上がり気味で、何やらにやにやとした表情であるのに対して、関はその表情に変化が見られない。身なりも松永はカジュアルなのに対して関はスリーピースのスーツと固い。見た目では関の方が上司に見える…

続きを読む