20,12月20日 日曜日 11時00分 金沢北署「熨子山連続殺人事件捜査本部」

20.mp3 北署の大会議室に設けられた「熨子山連続殺人事件捜査本部」には捜査員が集結していた。 上座には松永を中心とした幹部組10名がずらりと並び、それと向かい合うように県警本部および所轄の捜査員総勢60名が座っていた。 上座の中には本部長の朝倉と警備課長の三好、金沢北署署長の深沢の三人の姿も見える。張りつめた空気の中でキャリア組とノンキャリア組がひとりひとりの顔を確認するかのように視線を動かしていた。捜査一課の片倉は松永の隣に座り彼の表情を横目で見ていた。 「それでは定刻となりましたので、始めます。」 上座に座っていた主任捜査官が240平方メートル程の大きさの大会議室内に響き渡る大きな声で会議の開会を告げた。 「今日から本件捜査の指揮を執る松永だ。」 挨拶すらせず松永は切り出した。 「事件発生から半日を過ぎることとなったが、現在、マル秘(被疑者)の行方に関わる情報はこの場に一切もたらされていない。」 松永は自分の前に座る捜査員全体をゆっくりと見回した。おおよその捜査員は渋い表情である。中にはうつむいて彼と目を会わせないようにする者もいた。 「三好警備課長。」 「はい。」 三好は46歳で松永より年齢は上であるが、階級は下である。 「検問状況を報告しろ。」 松永は三好の顔を見ずに報告を命じた。 「えー警備部が刑事部から検問の要請を受けたのは午前0時50分。警備員が現着したのは要請から40分後の午前1時25分。現場に通じる県道熨子…

続きを読む

19,12月20日 日曜日 11時52分 喫茶「ドミノ」

19.mp3 ひととおり説明した赤松は手元に置いてあるメニューに目を通し、その中から定食を頼んだ。佐竹も赤松と同じものを頼む事にした。 「今になって考えてみれば、あいつがウチの店に来てから何度か警察が来た事があったわ。」 「警察が?」 「ああ。」 「警察が何をしに?」 胸ポケットにしまってあった煙草を取り出した佐竹はそれをテーブルに置いた。赤松に「どうぞ」と促された彼はそれを咥えて火をつけた。 「ほら俺の親父、6年前に事故で死んだやろう。」 紫煙を口から勢い良く吹き出しながら佐竹は頷く。 「そのことについて、母さんにいろいろ聞いとったんやって。」 「え?今更どうして…。」 赤松は手持ち無沙汰そうに自分の人差し指にできたタコのようなものをかりかりと左手でいじりながら話す。 「わからん。でも当時の事は母さんしかよく分からんからな。俺は京都でサラリーマンしとったし。」 「母さんに聞かなかったのか。」 「…聞いたけど、あんまり詳しく教えてくれんかった。事故当時は母さんも親父が死んだ事にかなりショック受けとったから、俺としてはそれ以上突っ込んで聞く気にはなれんかった。」 佐竹はそっと灰皿まで手を伸ばし、落ちそうになったタバコの灰を人差し指で軽く叩いて落とした。そして再度それに口をつけて吸い込んだ。 「だから、俺としては正直複雑なんやわ。この事件についてはにわかに信じる事ができんげん。」 「すまん。久しぶりにお前に会ったと思ったらこんな…

続きを読む

18,6月15日 火曜日 15時00分頃 フラワーショップ「アサフス」

18.mp3 一年半前の雨が滴る六月。赤松は自分の店で店番をしていた。 六月の花と言えば紫陽花、菖蒲、泰山木と言ったものが主で、普段花を使用した生活を営んでいない一般の家庭にはあまり花屋は縁がない時期かもしれない。 アサフスに来店する一般客の多くは田上、杜の里の住人である。赤松はそれらの客の顔と名前を大体覚えていた。たまに見慣れない顔の客が来る事があるが、それらの一見客はここから車で二十分先にある熨子山の墓地公園へ墓参りに行くための花を買いにくる客が主だった。だがそれらの大半は盆や彼岸の時期に集中する。 スーツを着たサラリーマン風の男が梅雨時の昼間に、この店に来る事はあまりない。第一印象が不自然だったため、当時の事はよく覚えている。 男は店内にある花が入った冷蔵庫の中を眺め、足下に置いてあったバケツに入った墓参り用の花束に目をとめた。 「これ、ひとつ下さい。」 男はその佛花を指差し、低い声で店にいた赤松に言った。 赤松は返事をして花を取り出し、包装紙に包んだ。 「お客さん、お墓参りですか。」 男の口元は少し緩んだ。 「赤松、俺だよ。久しぶりだな。」 誰か分からなかった。赤松は男の顔を3秒程眺めた。口元にある黒子が目に入った時気づいた。 「一色か!」 「そうだよ。」 「久しぶりやなぁ。スーツ着とっから誰か分からんかったわ。」 「冷てぇなぁ、気づいてくれよ。」 「どうしたん、こんな平日の昼間に来るなんて。」 「いや、噂で赤松が実家…

続きを読む

17,12月20日 日曜日 11時25分 喫茶「ドミノ」

17.2.mp3 一時期金沢にはカフェと呼ばれる社交場が乱立した。 この手の店は、ぶらりと気軽に立ち寄れる場所はあまり多くない。洒落てこぎれいな雰囲気のものが多く、選ばれし意識の高い人種であることが条件として課せられる。 その中においてひとりでくつろげて、誰かを待つのに持ってこいであるのはやはり純喫茶だ。 客層の嗜好をしっかりと捉えた新聞や雑誌、マンガ等が豊富であり、それなりの年齢の世代が集う。店で交わされる会話も良い。何より自分だけの世界を作れることが純喫茶の魅力でもある。 アサフスから犀川を渡った旭町の純喫茶「ドミノ」に佐竹はいた。 店主以外誰もいない店の中で、彼は一番奥のテーブル席に座り雑誌に目を落としていた。 店の外で車のドアが閉められる音が聞こえた。 それから20秒後にドアが開かれ赤松が店内に入ってきた。 赤松はカウンターに立つ店主にコーヒーを注文し、そのまま佐竹の正面に座った。 すぐに店員がおしぼりと水を持ってきた。赤松は湯気の出るそれで手を拭き、続いてしっかりと顔を拭いた。 「あのさ、お前どう思う。」 佐竹は切り出した。 顔を拭いていたおしぼりを丁寧にたたんで赤松はうつむいたまま答えた。 「ふぅ…信じられんよ…。本当に。」 赤松は「それに」と付け加えて話し続けた。 「今、報道されとる被害者の女の子おるやろ。」 「おう。」 「あの子実は昔ウチでバイトしとった女の子ねんわ。」 「えっ…。」 「何が何だかさっぱ…

続きを読む