18,6月15日 火曜日 15時00分頃 フラワーショップ「アサフス」

18.mp3 一年半前の雨が滴る六月。赤松は自分の店で店番をしていた。 六月の花と言えば紫陽花、菖蒲、泰山木と言ったものが主で、普段花を使用した生活を営んでいない一般の家庭にはあまり花屋は縁がない時期かもしれない。 アサフスに来店する一般客の多くは田上、杜の里の住人である。赤松はそれらの客の顔と名前を大体覚えていた。たまに見慣れない顔の客が来る事があるが、それらの一見客はここから車で二十分先にある熨子山の墓地公園へ墓参りに行くための花を買いにくる客が主だった。だがそれらの大半は盆や彼岸の時期に集中する。 スーツを着たサラリーマン風の男が梅雨時の昼間に、この店に来る事はあまりない。第一印象が不自然だったため、当時の事はよく覚えている。 男は店内にある花が入った冷蔵庫の中を眺め、足下に置いてあったバケツに入った墓参り用の花束に目をとめた。 「これ、ひとつ下さい。」 男はその佛花を指差し、低い声で店にいた赤松に言った。 赤松は返事をして花を取り出し、包装紙に包んだ。 「お客さん、お墓参りですか。」 男の口元は少し緩んだ。 「赤松、俺だよ。久しぶりだな。」 誰か分からなかった。赤松は男の顔を3秒程眺めた。口元にある黒子が目に入った時気づいた。 「一色か!」 「そうだよ。」 「久しぶりやなぁ。スーツ着とっから誰か分からんかったわ。」 「冷てぇなぁ、気づいてくれよ。」 「どうしたん、こんな平日の昼間に来るなんて。」 「いや、噂で赤松が実家…

続きを読む