21,12月20日 日曜日 12時22分 熨子駐在所

21.mp3 「よう。」 駐在所の奥にある畳が敷かれた休憩室で横になって、うとうととしていた鈴木は、不意を討つ来訪者に睡眠を妨害された。彼は目を擦りながらその身を起こし訪問者の方を向いた。 「なんや、トシじゃいや。」 「おう、お休み中すまんな。」 熨子駐在所を訪れたのは、捜査二課の古田だった。 彼は休憩室に上がり、その畳の上にあぐらをかいて座った。 「どうしたんや。急にこんなとこに来るなんて。」 「まぁ、お前に直接、いろいろ聞きたい事あってな。」 古田と鈴木は昔なじみの同期の間柄である。どちらも年齢は59才。来年には定年を迎える年だ。だが、彼らの警察における階級は異なっている。古田は県警本部勤務の警部であるのに対して、鈴木は駐在所勤務の巡査部長だ。 この同期の二人になぜこれだけの階級の開きがあるかと言えば、それはひと言で説明すると、その生き方に要因がある。 二人とも高校卒業後から警察官としての職務を担っている。古田は元々、公務員採用制度に疑問を持つ人間だった。受験できる採用試験は学歴によって区別され、スタートラインも違えば、その出世の終着地点も違う。学歴が全てのこのシステムになんとか風穴を開けたいとの気持ちが、彼を「スッポン」の異名を持たせる程にさせた。ノンキャリでもやればここまでできるという手本を示したいという目標があったため、昇進試験を積極的に受けて警部まで昇進した。 一方、鈴木の方は地域密着の交番勤務の仕事を続けたいために、管理の仕事が…

続きを読む