23,12月20日 日曜日 13時08分 熨子山連続殺人事件捜査本部

23.mp3 「未明のガイシャの身元が判明しました。」 察庁組だけが残る捜査本部に関が入って来た。捜査データを分析をしていたスタッフは手を止めて関の方を見た。 「報告しろ。」 「はい。ひとりは穴山和也。23才男性。住所は金沢市銚子。地元ガソリンスタンドに勤務する男です。県外出身者であり、アパートに一人暮らしをしていたようです。勤務先のガソリンスタンドの店長が、出勤日のはずなのに連絡がつかないとの事で警察に届けがあり、本人の特徴等を照らし合わせた結果、身元が判明したものです。」 「ほう。で、もうひとりは。」 「はい。もうひとりは井上昌夫。こちらも23才男性。住所は金沢市土清水。地元繊維会社に勤務する男です。今日の10時頃、同居人である女性から警察に捜索願が出され、特徴等を照合の結果、本人であると判明しました。この井上も穴山同様、県外出身者です。」 松永は関の報告を受けて、几帳面にA3サイズのコピー用紙にフェルトペンで相関図のようなものを書きながら、関に質問をする。 「あー、二人の関係は。」 「調べましたところ、二人とも香林法科大学の同期生であるということです。」 松永は二人の名前を一本の直線で結びつけた。そしてその直線の中心からさらに一本の線を引き一色の名前を書いた。穴山、井上、一色の三名が英字のTで結びつけられる。 「で、この二人と一色の関係は。」 「それが、全く分かりません。」 松永はペンを置いて、腕を組んだ。 「現在は両者の携帯電…

続きを読む