28,12月20日 日曜日 15時48分 県警本部内

28.mp3 「あぁトシさんか。捜査の方は進んでるか。あのな、未明の遺体の身元が分かった。メモとれるか。」 「はい大丈夫です。控えられます。」 「ひとりは穴山和也23才。住所は銚子。もうひとりは井上昌夫これまた23才。住所は土清水だ。」 「穴山と井上…。」 古田の反応にかなりの間があった。気になった本部長の朝倉はそれについて問いかけた。 「どうした、トシさん。」 「…本部長。」 「何だ。」 「申し訳ございません。」 「は?」 「私、本部長に報告しておりませんでした。」 「トシさん。俺はあんたの言ってることがよく分からんが。」 「その名前、知っています。」 「あぁ、もう知っていたか。」 「いえ、違います。その男らの名前は三年前から知っています。」 刑事部の一角に設けられた来客用のスペースにあるソファに腰をかけ、そこに配された固定電話から電話をしていた朝倉は、自分と向かい合って座っている片倉の方を見て動きを止めた。 「なんだと。」 片倉は朝倉の表情を見て何か重要な情報が電話の向こう側からもたらされそうなのを察し、とっさに電話のスピーカボタンを押した。 「その二人はレイプ犯です。三年前、当時二課の課長だった一色の交際相手を強姦したと思われる男たちです。」 朝倉と片倉は驚きの表情でお互いの顔を見合った。 「そんな話、こっちまで上がっていないぞ…。」 「本部長、この件は事件になっておらんのです。」 「まさか…親告されていないか…

続きを読む