50,12月21日 月曜日 9時30分 本多善幸事務所

50.mp3 「少しだけお話をしたいんですよ。」 本多事務所の受付の女性に名刺を渡して、片倉はその中の様子を伺った。 名刺を受け取った女性はそれに目を落とした。そして怪訝な顔つきでその名刺と片倉の顔を何度か見合わせた。 「どうしました。」 「警察の方なら今村上が対応しています。」 「は?私じゃなくて?」 「ええ。」 ーしまった。帳場の捜査とかち合った。…こうなったら一か八かだ。 「それは失礼。」 そう言うと片倉は女性の手にあった名刺を奪った。 「私はその人間の監督をする立場の者です。事務所の前で待ち合わせて一緒にお話を伺う予定だったんですが、彼は先に村上さんにお会いしてたんですね。大変ご迷惑をおかけいたしました。」 受付の女性は手のひらを返したように態度を変える片倉の対応に苦慮している様子だった。 「で、彼はどちらにいますかね。」 片倉は女性に付き添われて事務所二階の一室の前に案内された。女性がその部屋のドアをノックする。 「今来客中だから。」 憮然とした表情でドアを開けた男に片倉は一礼した。 「だれ。」 「申し訳ございません。私も同席する予定だったのですが遅れてしまいました。」 片倉は名刺を村上に渡した。 「捜査一課課長…。」 「村上隆二さんですね。」 「はい。」 「うちの若いのが先にお話を伺っていると思いますが、私も同席させていただいてよろしいでしょうか。」 村上は片倉の表情と名刺を見比べてどうぞと部屋へ招き入れた。 部屋の応接ソファに腰を…

続きを読む