51,12月21日 月曜日 10時18分 本多善幸事務所前

51.mp3 駐車場に停めてあった自分の車に乗り込んで片倉は胸元からタバコを取り出しそれに火を着けた。 助手席側には先程まで一緒にいた岡田が座っている。 松永率いる捜査本部とは別に自分と古田が独自の捜査を行なっていることは極秘だ。 このことが露見すると松永の叱責が自分に飛んでくることはおろか、命令を出した朝倉の責任も追求されよう。 一緒に行動している古田も同様だ。片倉は村上から聴取した内容を頭の中で整理しながらタバコをふかした。 「お前、どう思う。」 「どうって言われても、正直課長が何を聞き出したかったのかわかりませんでした。」 「そうか。」 片倉は岡田にタバコを差し出した。 「吸えや。」 「いただきます。」 「お前、目の付け所がいいな。」 岡田はタバコの煙を吐き出して無言を保った。 「あいつ、何か臭う。」 「何がですか。」 「結果的に検問に一回しか引っかってないから、氷見から石川に入ったのは間違いねぇ。しかし。」 「しかし?」 「羽咋から民政党金沢支部までの時間が随分かかっとる。」 「それは私も感じました。…ただよくいるじゃないですか。広い駐車場みたいなところで車止めて死んだように寝とる営業マンとか。あいつも息抜きしたかったんじゃないですかね。」 思いっきり吸い込んだ煙を吐き出して、片倉は吸殻を捻り潰して灰皿にしまった。 「普通の状態ならわかれんて。あいつが。」 「高校の同期が容疑者だって話ですか。」 「ああ。」 「…

続きを読む