56,12月21日 月曜日 11時53分 県警本部交通安全部資料室

56.mp3 「松永…。」 片倉の前方10m先にはコート姿の松永が立っていた。 「お前、そこで何をしている。」 そう言って松永はこちらに歩いてくる。 「おい、片倉。松永か。まつ…。」 電話の先で声を発する古田を遮るように、片倉はそれを切った。 「やれやれ。ちょっとは大人しくしていてくれればいいものなんだが…。」 松永は伸びきった自分の髪の毛を掻きあげた。 「ちょろちょろちょろちょろネズミが動きまわって目障りなんだよ。何を調べていた。」 「別になんでもいいだろ。あんたこそなんでこんな所におるんや。」 「何だ…その態度は。」 「こっちは今あんたとは何も関係がないんだ。指図は受けねぇ。」 片倉の態度に呆れた表情を示した松永だったが、昨日の狂人のように振る舞う素振りは見せなかった。松永は片倉が左手にスマートフォンを持っているのを見た。 「捜査資料の無断複製、外部持ち出しは懲戒もんだ。」 そう言って彼は片倉からそれを取り上げた。 「消せ。」 「…。」 「今すぐこの場で消せ。俺の目の前で確実に消せ!!」 「それはできん。」 「あのなぁ、この俺が最大の親切心で言ってやってんのに、それすらもお前は無視か?」 そういうと松永はコートのポケットの中からホッチキスで止められ、強引に4つに折りたたまれた10枚ほどの用紙を取り出した。 「お前が欲しいのはこれだろ。」 松永が手にしている資料は、いま片倉が撮影した6年…

続きを読む